本当に見るだけで稼げる不思議な映画(ディグリード2.0)は稼げる?
Pocket

てつです。
あなたは映画はお好きですか?ここ最近では興行収入200億円を超えた爆発的ヒットを叩き出した「君の名は。」をご覧になった
方も多いと思います。僕はまだ観ていませんが(^^;)
そんな映画に関する商材を今日はレビューしたいと思います。
今回レビューするのは、池田秀樹さんの「本当に見るだけで稼げる映画(ディグリード2.0)」という無料オファーです。

 「本当に見るだけで稼げる映画(ディグリード2.0)」

会社名   Netwayz Pte. Ltd
運営責任  池田秀樹
URL: http://degreed.link/2nd/
「13年間で7億円という現金を稼ぎ出しました。」
という謳い文句を掲げる池田秀樹氏の【本当に観るだけで稼げる不思議な映画】を今回調査してみました。
池田氏は以前俳優業をしており、現在は映画監督をしているということもあり、動画のスケールがでかい という印象を
受けました。著名人を登場させてみたり、撮影もタイのプーケットで行うあたり、よくありがちな、「部屋を1室貸し切って
会議用のテーブルにパソコンを置きインタビュアーとやりとりを行っていく」というような動画とは一線を画しており
エンターテイメント性という観点からは見応えがあるものだと思います。
その動画の中で池田氏が言っているDegreedとは、
インターネット上にあるデジタル資産を6次の隔たり理論のアプローチでゼロから資産を無限に増やしてそこからお金を生み出す
仕組みがディグリードと言っています。
6次の隔た理論とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合い
になることができる、という仮説のことで、要するにFacebookなどのSNSを通じて顧客リストを増やしていき、それがデジタル
資産となり顧客にアプローチしていくということです。
池田氏は以前、Buzzstrikeというメルマガを使って顧客を教育、販売を行っていくメルマガアフィリエイト
の教材を販売しており、今回もその内容に類似したものだと思います。
メルマガアフィリエイト自体はインターネットビジネスでも王道と呼べるようなものであり、それ自体は否定しません。
しかし、SNSを使って顧客を増やしていく作業が必要であり、またステップメールを使い顧客を教育する作業、また販売をする
作業が必要であり、「本当に見るだけで稼げる映画」の内容とは違うのではという印象を受けました。
登録後に送られてくるメールの中で「プーケットに招待します」と言っていますが(もちろん無料とは言ってませんね)
非日常的な環境の中で洗脳され高額商品を売りつけるということが予想されますので手を出すべきではないと判断しました。
ネットビジネスや副業に関して質問、わからないことがあれば何なりとお尋ねください。
以上、てつでした。

おすすめの記事