齋木孔明 「FEVER PROJECT」はバイナリーオプションで稼ぐ?徹底レビュー
Pocket

てつです。

 

今回は日給8万円を確約させる

「FEVER PROJECT」という無料オファーを

紹介したいと思います。

 

 

齋木孔明 「FEVER PROJECT」


販売会社 合同会社VidaCreation

販売責任者 齋木孔明

所在地 東京都渋谷区渋谷1-19-18

表現及び商品に関する注意書き 

 本商品に示された表現や再現性には個人差があり
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

個人情報に関する取扱い

 お客様からウェブフォームへの入力等によりご提供いただいた氏名、年齢、
電話番号、メールアドレス、住所等の個人情報は、お客様へのご連絡、
VidaCreation、副業Life及びアフィリエイトセンターのサービス等のご案内、
今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、アンケート等の依頼、
アクセス情報の分析、その他これらに関連する目的に使用するために、口頭、
書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます。ただし、
お客様から要請があれば、当該お客様の個人情報について第三者への提供を停止いたします。

URL  http://fever-japan.info/project/

 

今回ご紹介するこのFEVER PROJECTには

もう一つのランディングページが存在します。

それがこちら


URL http://fever-japan.info/premium/

 

同じ内容のはずですが、日給1万円と8万円の差は何なんでしょうか?

 

甘い言葉で客を引き寄せられれば、キャッチコピーはどうでもいい。

そんな思惑が感じられるという印象を受けてしまいますよね。

 

しかも、毎日1万円もらえるという方のセールスレターでは、

 

「7分以内に登録を完了されなかった方は

 今後一切1万円を受け取ることができません。」

 

と記載されており、事実ページを開いた瞬間からカウントダウンが始まります。

 

しかし、

カウントダウンが0になっても更新ボタンを押せば

また7分からカウントダウンが始まります。

 

緊急性をアピールすることで見込み客の不安を煽り登録をさせるということでしょうか?

 

今どき、こんなことで不安を煽られる人なんていないと思いますがw

 

この時点で、

2つのランディングページが存在していること、

意味のないカウントダウンで見込み客を煽るということ。

 

うさん臭さが感じられますよね?

 

 

齋木孔明 「FEVER PROJECT」の内容とは?

参加者全員に1日5分で月収30万円を確約

 

メールを受け取って2タップするだけ

 

このような内容のキャッチコピーですが、

ビジネスモデルが明かされていません。

 

しかし投資系のビジネスモデルということは確実です。


このやり方で100人全員を稼がせたと齋木氏は言っていますが、

月にいくら稼がせたと、明確な金額は明かしていません。

 

1円でも利益が出たら「稼がせた」と言えるということでしょうか?

 

 

 

動画の中で、インタビュアーの渡邊氏が

「自分でも稼ぐことが出来た」と

スマホの画面を見せている場面があるのですが


この画面を見る限り、今回のビジネスモデルはバイナリーオプションです。

 

バイナリーオプションとは、外国通貨取引の一種で

常に変動する為替相場が上がるか下がるかを予想するものです。

 

つまり1ドル100円だった場合に数時間後、あるいは数日後に

100円よりも上がっているか下がっているかを予想します。

 

予想が外れれば掛け金は没収され、

当たった場合は賭け金が2倍になりますが

手数料(業者によって割合は異なります)を引いた金額

が配当されるので実質1.8~1.9倍になってしまいます。

 

つまり10回やって5勝5敗のイーブンでも

手持ちの金額はマイナスになってしまいますので、

利益を出すには60~70%以上の勝率を出す必要があります。

 

 

さて、

ビジネスモデルがバイナリーオプション

ということが判明しましたがどのように稼いでいくのかと言いますと

 


齋木氏から1日3~10回程度メールが配信され、

2タップするだけで利益が発生するということですので、

おそらく齋木氏からHIGHかLOWの指示を受けて、

それに従いBETするということでしょうか?

 

LINEやメールでの予想配信という方法を最近よく目にしますが

この方法にはいくつかのリスクが存在します。

 

詳細はこちらをご参照ください。

武内ひろあき FAMILY LINEで予想を配信の危険性について

 

このようにタイムラグの発生が勝敗に影響を及ぼしたり、

何らかのトラブルによって配信が停止してしまった場合

収入が途絶えてしまうリスクが存在します。

 

しかもこのメール配信・・・もちろんタダという訳にはいきません。

 

プロダクトローンチ動画やHP、広告に多大な費用が掛かっていますので

その費用を回収すべく高額塾が待ち構えている可能性があります。

 

 

齋木孔明 FEVER PROJECT まとめ

・ランディングページによってキャッチコピーの内容に差が生じている

 

・意味のないカウントダウンで見込み客を煽る行為をしている

・メールでの予想配信のリスク、トラブルを考慮しなければならない点

・高額塾の危険性

 

以上のことから、今回の齋木孔明氏のFEVER PROJECTはおススメできません。

 

 

僕個人としてはやはり、ある程度の時間を費やしても

資産の構築化を目指し、稼いでいけるようなビジネスをおススメします。

 

資産の構築化の具体的な方法はコチラから

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ご質問等ございましたら、

お問合せフォームにてご連絡ください。

 

お問合せはこちらから

 

おすすめの記事