小西和夫さんのGyakuTubeで資産の構築化に挑戦してみませんか?
Pocket

こんにちは。てつです。

今回はyoutube系の商材をご紹介します。

 

世界最大の動画共有サイトであるyoutubeで

稼ぐためには、再生回数の多い動画を作成する必要があります。

 

なぜなら、youtubeアドセンスといって


このような広告を視聴者の方々が見たり、


このような広告をクリックされることで動画を

アップした方が報酬を得ることができるからです。

 

昨年話題になったピコ太郎さんのPPAPや、

HIKAKINさん、はじめしゃちょーさんなど。

 

彼らのような人気youtuberが

莫大な金額を稼ぐことができるのも、

この「再生回数に応じた広告収入」が支払われる

という仕組みによってもたらされています。

 

しかし彼らのように月収で何百万円、 あるいは

何千万円と稼げるような人達はごくわずかです。

 

動画を投稿された経験がある人はご存知だと思いますが、

再生回数が伸びなかったり登録者数が一向に増えなかったり。

 

 

他人よりも卓越した技術…例えば僕がよく見る

ギターの超絶テクニックの動画ですとか

メディア機器やソフトの知識をマスターし

それを解説するような動画ですとか。

 

需要にあった技術や知識が無ければそうそう再生回数は伸びません。

 

しかし、これは国内を対象にした場合に言えば、です。

 

今回は、海外向けの動画を作成して稼ぐ”

というコンセプトのもと制作された

小西和夫さんの"Gyaku Tube”をレビューしていきます。

 

特定商取引に基づく表記
販売社名: 株式会社アドシステム
運営責任者: 久米 妥
所在地: 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号: 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)

販売ページはこちらから

 

小西和夫 GyakuTube
海外向け動画の市場背景について

国内のyoutube利用者は、

4000万人と言われ国内の総人口の約3分の1です。

 

これに対し全世界のyoutubeの利用者数は

10億人以上と言われており、

国内の利用者の約25倍の人々が利用しています。

 

また、少子高齢化で衰退気味の日本と、

人口が増加していく海外を比較してみても

YouTubeの市場規模の将来性という観点からも

海外向けの動画つくりに取り組むメリットがあるといえます。

 

また国内でウケないような動画でも、

世界に発信した場合に再生回数が伸びるようなケースもあります。

 

そこには日本人と異なった考え方をし、

異なった生活を送り、

また異なった価値観を持っている様々な人種が

存在しているという事実を忘れてはいけません。

 

インターネットの発達により世界を身近に感じることが

できるようになった現代では僕たちも海外の番組、生活、

情報を得ることによって刺激を感じることができますし、

もちろんそれは逆の場合も当然の事だといえるでしょう。

 

youtubeに限られたことではありませんが、

このように海外に情報を発信した場合

思いがけないアクセスを集められる可能性があります。

 

しかし英語を含め海外の言葉がわからない

という理由で諦めてしまうのであれば、

それは非常にもったいないことです。

 

今回ご紹介する小西和夫さんのGyakuTubeでは

海外に情報を発信する際の ”言葉の壁”への対策はもちろんのこと、

どのような種類、ジャンル動画を作ってアップしていけば

いいのかという方法を説明しています。

 

もちろん、他人より優れた知識や技術なんてものは必要ありません(笑)

 

小西和夫 GyakuTubeのレビュー

小西和夫さんのGyakuTube(ギャクチューブ)は、

国内よりも利用者が多い海外の利用者を対象とした

動画の作成方法を説明したノウハウ教材です。

 

 

小西和夫さんのGyakuTubeを実践する上で

大事なポイントは”動画を量産すること”です。

 

冒頭でもお伝えしましたように

youtubeの利用者は全世界で10億人以上と言われています。

 

1PVあたりの単価を0.1円とすると、

1動画で1万円の収入を得るには10万PVが必要になります。

 

国内での利用者4000万人に対しての10万PVですと

400人に1人の割合でPV数が必要になりますが、

海外を対象にすれば10億分の10万PV

つまり10,000人に1人の割合でいいんです。

 

アフィリエイトのように特別なライティングスキルなんて必要ありませんし、

転売ビジネスのように活動を止めたら収入がなくなるリスクもありません。

 

ある程度の数を作ってアップロード

してしまえば後々それが資産となります。

 

youtubeで動画を視聴された経験があるなら

お分かりだと思いますが、動画の視聴が終わると、

関連動画あるいは再生リストなどで自動的に

次の動画の視聴が勝手に始まるシステムがあります。

 

自分がアップした動画を関連付けてあげれば

例えば検索でAの動画を視聴した方がその後B、C...

という関連動画を見てくれる可能性が大きくなります。

 

Bの動画を視聴した方も同様にAやCの関連動画を

視聴する可能性が大きく、このような相乗効果で

自分のチャンネルを強化していくことができるからです。

 

小西和夫 GyakuTubeの実践内容について

 Gyakutubeマニュアル


Gyakutube本編 PDF143ページ
別冊事例集 PDF32ページ

 

内容についてですが、

 

①アドセンスの登録を行う

②youtubeチャンネルの作成を行う

③コンセプトを決める

④動画を作成する

⑤動画を投稿する

 

このような流れで作業を進めていきます。

 

では順を追って説明していきます。

 

①アドセンスの登録を行う

アドセンスの取得方法は2つのやり方があります。

 

ブログ経由からの申請方法と

youtubeから申請する方法の2種類です。

 

ブログ経由からの申請方法は実際にブログを作り、

1,000文字以上の記事を30個ほど作成し、申請を行います。

 

記事の内容もユーザーの役に立つ情報でなければなりません。

 

「何を書けばいいかわからない」

 

そう感じるかもしれませんが、記事コンテンツの

作成手順、方法についても詳しく説明しています。

 

ブログ経由でアドセンスを取得する場合には、ブログ完成後、

1次審査、2次審査を経てアドセンスを取得という流れになるので、

アドセンス取得までに時間がかかるというデメリットがあります。

 

しかし万が一youtubeで問題を起こした場合、

アドセンスが削除される確率が低くなるというメリットがあります。

 

一方、youtubeでアドセンスを

取得する場合は審査用の動画を5つほどアップします。

 

この動画は近所の風景やペットを

撮影したものでよく、3分ほどの撮影時間のもので充分です。

 

審査期間も数時間~数日程度で、

特に問題がなければすぐに取得することができます。

 

ブログの記事を書いたりという面倒な作業を省略し

すぐに作業に取り掛かれるというメリットがありますが、

youtubeで問題を起こした際に、ブログ経由で取得した場合と

比較するとアドセンスが削除される確率が高くなってしまいます。

 

違反やペナルティーなどが発生しなければ

特にどちらでも問題ありませんが、

想定外のペナルティーや違反が発生した場合のことを考えると

アドセンスの削除率の低いブログ経由での取得をおススメします。

 

②youtubeチャンネルの作成を行う

ここでは、赤枠のチャンネルアート

(ブログでいうヘッダーのようなもの)の作成、

青枠のチャンネル説明の入力、そして

黄枠の名前の変更等の手順を説明しています。

 

チャンネル名や説明の入力はターゲット

とする国で使用されている言語での入力になります。

 

 

③コンセプトを決める

 

③に関してここが一番重要なポイントですが

どのような動画を作っていくのかということになります。

 

世界各国共通して再生回数が伸びやすい

〇〇系や△△系の動画を作成していくのか?

 

それとも各国別に需要のあるジャンルを

リサーチして動画を作成していくのか?

 

その辺りについても詳しく書かれています。

 

④動画を作成、投稿する

動画といっても

カメラもビデオも使わない動画戦略

ですので素人でも実践しやすい内容になっています

 

このような、カメラやビデオも使わない戦略で

あるジャンルの動画を作っていくことで

他の動画やチャンネルと差別化できます。

 

動画の種類は完全オリジナルのホワイト系、

海外の人気動画などを編集して作成するグレー系の2種類があります。

 

動画作成開始後、ネタが決まらないとか

作成に手間がかかってしまう場合など。

 

動画を投稿するまでに時間がかかりそうな場合には

最初はグレー系の動画の作成から始めて

作成~投稿の手順に慣れるのがいいでしょう。

 

グレー系動画を作成する際に注意すべき

違反やペナルティーの回避方法も記載していますが、

マニュアルにも書いてあるように程々にしておいたほうがいいですね。

 

実際の動画の作成手順を説明していきます。

 

Gyaku Tubeで紹介している動画編集無料ソフト

"Windows ムービーメーカー"が2017年1月10日付で

公式HPよりダウンロードできなくなりました。

 

しかし販売者の小西和夫さんがダウンロード方法を解説

していますので問題なく使用することができます。

 


まずは、テキストの作成から
作成する動画のネタが決まったらgoogle翻訳で

ターゲットとなる国で使用されている言語に翻訳します。

 

そして画像の取り込み
Gyaku Tube本編でも紹介されている、

あるソフトを使うことで作業時間を短縮することができます。

 

取り込んだ画像とテキストを組み合わせ、


音楽を取り込むことによって動画が完成します。

 

つまり、コンセプトを決め、

それに関連する動画の作成、投稿を繰り返し

チャンネルアート、説明欄を充実させること

によってチャンネル自体が強化します。

 

そしてチャンネルの強化により

ライバルと差別化を図ることができます。

 

他の動画やチャンネルとの差別化は再生回数や登録者数に反映します。

 

youtubeで稼ぐというと再生回数ばかりに

目が行きがちですが、むしろチャンネル登録者数の方が重要です。

 

チャンネル登録者数というのはメルマガで言うリストと同様に、

新しい動画を投稿した際には登録者にメールで通知が行きます。

 

つまり、

視聴される機会が増えること自然に再生回数も伸びていきます。

 

また、チャンネル登録者数が増える

チャンネルそのものが強くなります。

 

結果として、評価、コメントが増え、これらを

検索エンジンが評価することによって上位表示が可能になります。

 

このチャンネル登録者数の増やし方についても

画像入りの説明がありますのでチャンネル登録者数や

再生回数が伸びないという不安がなくなります。

 

もちろん、これがすべて収益につながることは言うまでもありません。

 

 

小西和夫 GyakuTube 収益性について

 

セールスレターでは実際にモニターさんが

6か月ほど実践した結果を掲載しており、

 


7月にアップロードした動画本数が40本
8月にアップロードした動画本数が45本
9月にアップロードした動画本数が14本
10月にアップロードした動画本数が7本
そして、11月、12月の動画本数は合計で10本程度

 

ということで半年間で116本の動画を作成し収益が110万円以上。

 

1動画あたり1万円近い報酬が発生しています。

 

しかも7月、8月の実質2か月間で

85本の動画を作成していることがわかります。

 

1日あたり1~2本の動画作成のペースでいけますので

平日あまり時間が取れないサラリーマンの方が

副業で作業するケースでも無理なく行えます。

 

また、平日時間が取れないような方でも週末まとめて作成し、

予約投稿という形でアップしていくことも可能だと思います。

 

1日あたり2~3動画を作成できる場合は

収益が発生するまでの期間が短くなります。

 

3カ月目以降も同じペースで作業できる場合は、

1動画あたりの平均単価が何倍にも膨れ上がる可能性があり、

収益性関しましては十分作業する価値があると言えます。

 

小西和夫 GyakuTube デメリットについて

ここまでメリットばかり紹介してきましたが当然

小西和夫さんのGyaku Tubeにもデメリットは存在します。

 

①動画をいかに短時間で量産するのかという記載がないこと

②どのようにして動画をクリックさせ、再生回数につなげていくのか
 という戦略が不明確であること

③動画を投稿した初期の段階で再生回数を伸ばす方法が記載されていないこと

 

以上の3つのポイントがデメリットとして挙げられます。

 

では順を追って説明していきます。

 

①動画をいかに短時間で量産するのかという記載がないこと

→動画の作成に時間が掛かってしまうと

動画の投稿数が増えていきません。

 

それはつまり収益を得るまでの時間が

遅くなってしまう、あるいは収益を獲得する

機会を逸失してしまっているということを意味します。

 

すでにyoutubeで実績を得ている方は対象外ですが、

国内向けの動画で再生回数が伸びない方やyoutube

初心者の方にとっては0→1が最も重要であり、動画を

作成していく際のモチベーションの維持にも影響します。

 

なので短時間で動画を量産することが重要であり、

その記載がないということがデメリットとして挙げられます。

 

どのようにして動画をクリックさせ、
再生回数につなげていくのか
という戦略が不明確であること

 

内容が充実した良質なコンテンツを作成

したとしても再生されなければ全く意味がありません。

 

逆に言えば良質なコンテンツでなくても

動画をクリックさせることができれば再生回数は伸びます。

(もちろんチャンネルの強化にはつながりませんが)

 

このように、

動画をクリックさせるテクニックを駆使して

再生回数に繋げていく戦略が欠けている点

気になったのでデメリットとして挙げました。

 

③動画を投稿した初期の段階で
再生回数を伸ばす方法が記載されていないこと


 

→動画を投稿し始めの頃というのは

まだチャンネルも強化されていませんし、再生回数は伸びません。

 

①でも解説しましたがyoutubeで実績の無い方や

初心者にとっては最速で収益を出すことが最も重要です。

 

そのためには初期の段階で再生回数を伸ばしていくことを

解説するべきだと判断しましたのでデメリットとして挙げました。

 

小西和夫 GyakuTubeの購入者特典について


今回の購入者特典はデメリットの項目で挙げた初期の段階で

収益を最速で発生させる為に必要なこと(動画の量産と

再生回数を伸ばす方法)をメインに特典を用意致しました。

 

「動画をたくさんアップロードしたのに全然収益に結びつかない。」

 

このようなパターンに陥らないためにも

今回の特典をフル活用していただけたらと思います。

 

具体的には動画の作成時間を1動画あたり

5分の1に短縮する方法や、再生回数を2~3倍

に伸ばすテクニック等を特典にて設けさせていただきました。

 

①爆発的な収益を生み出す動画量産術

 


・効果的に動画を量産し最短最速で爆発的な収益を稼ぐ戦略とは?
・youtubeのシステムの盲点をついた禁断のテクニック
・これだけは気を付けたい!量産術を使う際の注意点
・〇〇を上手く活用して時間を短縮させる裏技
・チャンネル削除のリスクを避ける動画の管理テクニックとは?

 

小西和夫さんのGyakuTubeで稼ぐためのポイントは

いかに効率よく動画を量産するかということです。

 

動画の作成に時間がかかってしまうと

投稿数が増えないということになってしまいますからね

 

時間をかけずに短期間で効率よく動画を量産すること

によって最速のキャッシュポイントを得ることができます。

 

また、動画を量産する際の注意点やチャンネル削除のリスクを

避ける方法についても特典として用意させていただきました。

 

②ユーザーの深層心理に働きかけて
動画再生率を最大限に高める方法


・見せたい動画を思わずクリックさせてしまう心理的テクニックとは?
・これを知らないと再生回数が伸びない?動画を作成する際に重要なポイント
・〇〇と△△を上手く活用し、再生回数の伸びる動画を作り出す方法とは?
・投稿者の約9割が勘違いしている!?「再生されない動画」の特徴とは?
当然の事ですが、クリックされなければ再生回数伸びません。

 

クリックされないということはつまり、

視聴者の関心を魅きつけないということです。

 

では、視聴者が関心を持つ動画とは?

 

思わずクリックさせてしまうような動画とは一体どんなものなのか?

 

心理的なテクニックを駆使して思わずクリックさせて

しまうようなコンテンツの作成方法を紹介させていただきました。

 

このテクニックを上手く活用していかなければ

再生回数の低い動画を何十、何百と量産するハメになってしまいます。

 

収益を加速させるためにも、この特典を活用していただけたらと思います。

 

③合法的かつ強制的に再生回数を伸ばし
収益を加速させるテクニック


〇〇と✖✖を活用して合法的かつ強制的に再生回数を伸ばす方法とは?
・△△を利用した裏技とは?
・✖✖の活用術を具体的な事例を交えて解説
・再生回数のみならず■■も一緒に強化する極意とは?

 

小西和夫さんのGyaku Tubeを実践し始めた

最初の段階ではコンテンツの量も少ないですし、

チャンネル自体も弱いので

再生回数が思うように伸びず苦労するかもしれません。

 

そういった際の対処法が

本編でも紹介されていますが、

それとは異なった手法で

再生回数を伸ばしていく裏技的なテクニック

をいくつか特典に付けさせていただきました。

 

初期段階でつまずいたまま、モチベーションが低下して

しまうことのないようにこの特典を活用してください。

 

④youtubeを効果的に活用し
勝利の方程式で月収50万円以上稼ぐ戦略



・本編では紹介されていない国内ユーザーを対象に
 爆発的収益を上げるポイント
・効果的に稼ぐ為に取るべき3つの行動を解説
・再生回数にとらわれない〇〇を活用した戦略とは?
・一見意外とも思える〇〇の市場で収益を上げるポイント
・〇〇をする際の注意点と戦略の立て方
・具体的な参考事例と分析すべきポイントとは?

 

この章ではyoutubeを効果的に活用し

収50万円以上稼ぐ戦略について解説しています。

 

効果的に稼ぐために摂るべき行動についてのもの、

あるいは再生回数にとらわれない戦略をフル活用し

爆発的収益を上げる手法等を紹介しています。

 

具体的な参考事例と分析ポイントで

解説しておりますので、本編と併用し進めていくことで

月収100万円以上も可能な内容となっております。

 

小西和夫 Gyaku Tubeのご購入はこちらから(45日サポート付)

 

小西和夫 Gyaku Tubeのご購入はこちらから(サポートなし)

 

注)ご購入の際、下記表示がされていましたら
 僕からの特典を受け取ることができます。


 

追伸

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

今回ご紹介させていただいた小西和夫さんのGyaku Tubeは

国内向けの動画でなかなか結果が出せていない方はもちろんのこと、

初心者にとっても取り組みやすい内容となっております。

 

何十万、何百万という再生回数の動画を量産し

youtubeで稼いでいる人を羨ましがったり

嫉妬したりする日々をまだ続けますか?

小西和夫さんのGyaku Tubeで動画を作成するということは、

アフィリエイトのように文章力が必要ではありませんし、

せどり・転売ビジネスのように作業を止めてしまったら

収入がなくなってしまうという恐れもありません。

 

作成された動画は後々、資産となりあなたに収益をもたらします。

 

つまり、動画の作成を止めてしまっても動画が再生され続ける

限り永続的に収入を得ることができるということを意味します。

 

この機会に小西和夫さんのGyaku Tubeを実践し

動画を見る側から提供する側へシフトしませんか?

 

数十万、数百万を超える再生回数の動画を

作り出し、莫大な収益を手に入れてください。

 

Gyaku Tubeを実践する上でわからない点がありましたら

無期限で僕がサポート致しますので

安心して取り組めることと思います。

 

Gyakutubeのご購入はこちらから(サポート付き)

 

Gyakutubeのご購入はこちらから(サポートなし)

 

ご質問等ございましたらお問合せ

フォームにてご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

 

以上、てつでした。

 

 

 

 

 

おすすめの記事