山崎ひろなり ちゃっかリッチシステムの危険性を暴露
Pocket

こんにちは。てつです。

昨年訪日外国人の数が2400万人を超えました。

 

今後もさらに増えていくことが予想され、

また3年後の東京オリンピックを見据え、

民泊に関する法整備が進められています。

 

民泊新法に関する法案を今国会会期中に提出する予定で、

早ければ2017年度中に施行される見通しです。

 

というわけで、今回はAir bnbに関する

無料オファーをご紹介したいと思います。

 

山崎ひろなり ちゃっかリッチシステム


特定商取引法の記載:合同会社スマイル
URL: http://yamasakihironari.com/lp1/
http://yamasakihironari.com/lp2/

特定商取引法の記載が社名のみというのが気になります。

 

特定商取引法では

事業者の氏名(名称)、住所、電話番号、

販売価格及び送料その他の事項等

記載しなければなりません

 

記載がないということは法令違反です

 

そのような会社が運営している

ということを前提にレビューを進めていきたいと思います。

 

今回の山崎ひろなりさんも、某お笑い芸人

(アン〇ッチャブルのザ〇ヤマさん)

と同じ名前を使用していますよね?

 

ランディングページを複数用意したり、

芸能人(有名人)と同じ名前を用いたりする場合は

インターネットで検索逃れをすることを想定している場合が多いです。

 

後々トラブルが発生した場合にも対応してもらえなかったり

連絡が取れなくなるケースにも注意しなければなりません。

 

キャッチコピー

 

このシステムの元になっているのは


呼ばれる民泊サービスです。

 

2016年4月1日に旅館業法が改正され、
これまで違法だった民泊サービスが合法化に動き出しました。
さらに、昨今は日本の観光地が人気なので、

旅行者は絶えず、 Airbnbの需要は急激に伸びているのです。

 

国と海外旅行客の後押しもあり、物件を所有している人、

不動産投資を考えている人は稼ぎやすいタイミングです。
実際に平均して月収30万円を

Airbnbで稼ぐのも 当たり前になっているようです。

 

しかし残念な事に、

このAirbnbを個人でやろうとすると、
月収800万円は絶対に到達できません…


 

なぜ、Airbnbは個人だと800万円稼げないのか?

 

そして、なぜちゃっかリッチシステムを使うことで
安定して月収800万円以上を稼ぐことができるのか?
その魔法のような方法を不動産ビジネスの中心に立つ男
【山崎弘也】が余すところなくご紹介しております

 

ちゃっかリッチシステムとは??

このちゃっかリッチビジネスの正体は

「Air BnB」というサイトを使った民泊ビジネスです。

 

Airbnb (エアビーアンドビー)とは?

 

世界192カ国の33,000の都市で

80万以上の宿を提供している

宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイト。

 

カンタンに言えば「民泊」と言われるもので、

自分、または他人の物件を

一定期間貸し出し、宿泊させて料金を貰うものです。

と、山崎氏が説明しているように

貸したい人と借りたい人のマッチングサイトである

Air bnb を使用したビジネスモデルです。


このちゃっかリッチシステムでは、

Airbnbビジネスの運営にあたり

やらなければならない面倒な作業

 

・物件の内装(宿泊出来る環境作り)
・宿泊者とのやり取り(英語)
・日用品の補充
・事務手続き
・清掃、その他
・宿泊料金の収集

などをちゃっかリッチシステムが代行してくれます。

 

なので、

あなたは銀行に入金されるお金を確認するだけ

という楽して稼げる点を強調しています。

 

また、

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなメリットばかり述べていますが、

2017年2月現在では

東京都大田区と大阪府でしか民泊は認められいません。

 

また営業日数も180日を超えない範囲で

という制限がありますので1年の約半分しか営業出来ません。

 

営業していない残りの185日間も毎月800万円が入金されるのでしょうか??

 

ちゃっかリッチシステムが代行してくれる

物件の内装、宿泊者とのやり取りや日用品の補充

あるいは清掃作業なども当然費用が掛かってきます。

 

1泊1万円と仮定しますと、

1ヵ月に30万円以上の売上のある宿泊施設を

30か所以上所有していれば

800万円以上の売上にはなる計算ですが....

 

当然そこから経費を差し引かなければなりませんし、

あくまでも全施設が常に満室だと仮定しての話ですので。

 

初期費用0から始められると謳っていますが、

システム利用料金のような形で毎月一定額の

金額を納めなければならないようなシステムである可能性も高く、

宿泊施設の利用率が例え、0%でも100%でも

山崎氏には毎月大金が入金され、ちゃっかリッチシステムの実践者が

マイナスになっても懐が痛まない可能性が高いです。

 

実践者は毎月、

システム利用料のようなものと代行会社への

経費の支払いで思ったよりも稼げない、あるいは

むしろマイナスになるリスクも考慮しなければなりません。

 

まとめ

ちゃっかリッチシステムは

・特定商取引法の記載がない運営会社が経営しているというリスク

・年間180日を超えない範囲での営業で毎月800万円以上稼げるのかという疑問点

・システム利用料(のようなもの)と代行会社への経費の支払いで

マイナスになる リスクも考慮しなければならないという点

 

以上のことから判断して

今回の山崎ひろなり氏のちゃっかリッチシステムは

おススメ出来ません。

 

 

 

ネットビジネスや副業に関して質問、わからないことがあれば何なりとお尋ねください。

以上、てつでした。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文


 

 

おすすめの記事