youtubeアドセンスで月10万円以上稼ぐための具体的な方法とは?
Pocket

こんにちは。てつです。

 

「youtubeで稼ぐにはどうしたらいいですか?」

というような内容の質問をいただきましたので

今回はyoutubeで稼ぐ方法について書いていきます。

 

 

YouTubeで稼ぐ仕組みについて

YouTubeアドセンスとは?

 

youtubeであなたが投稿した動画が再生されると広告が表示されます。


このような形のものや、


 

このような広告をあなたも目にしたことがあるはずです。

 

このように表示される広告を一定時間観たり、

クリックされることによって

広告を出している企業から報酬が支払われます。

 

スポンサーから支払われた報酬を

動画の投稿者とyoutubeで

分配する形式になっており、

報酬単価は、おおよそ再生回数×10%です。

 

報酬が発生する仕組みを理解していただけたでしょうか?

 

それでは初心者がどのように稼いでいくのか説明していきますね。

 

 

youtubeで稼ぐには?

youtubeアドセンスが初心者に向いている理由

 

前回の記事でもお伝えしましたが、

全世界のYouTube利用者は10億人以上と言われており、

世界のトップyoutuberたちは年収換算で

数億~数十億円以上稼いでいるのが現状です。

 

もちろん、彼らのような金額を稼ぐのは容易いことではありませんが、

月10~20万円稼ぐということに関しては現実的に不可能ではありません。

 

なぜなら、実際に初心者が1つの動画で

100万回~200万回の再生回数を稼ぐことは

あなたが有名人とかでなければ厳しいですが、

1ヵ月1万再生回数を稼ぐ動画を100個投稿すれば

再生回数1万回×報酬10%×動画100個=¥100,000-

という図式が成り立ち現実味を帯びてきますよね?

 

ただ、勘違いしてほしくないのですが、

「誰でも」「簡単に」稼げるわけではありません。

確実に稼いでいくにはそれなりの戦略を立てて

実行していくことがポイントです。

 

例えば、このガムボールマシーンの動画。

 



お金を入れてレバーを回し、

取り出し口に出てきたガムボールを取る

という単純な動画です。

 

音声も文字も入っていない30秒ほどの動画ですが、

再生回数がなんと2800万回以上となっています。

 

このように短い動画でも視聴者のニーズに応える動画や

面白いあるいは興味を引くような動画を投稿することができれば

数十万~数百万あるいは数千万の再生回数を稼ぐことも可能です。

 

ただ、これは特殊な例であって実際に

数百万以上の再生回数を稼ぐことは

そんなに簡単なことではありません。

 

それよりも数万~10万くらいの再生回数の動画を

量産していくことが確実に収益をもたらす結果になります。

 

そのためにはブログ、FB,ツイッター等で拡散し、

多くの視聴者に観てもらう機会を増やしていきましょう。

 

それと、youtubeアドセンスが初心者に向いている理由の一つに

モノを販売する必要がないというのも挙げられます。

 

YouTubeアドセンスとアフィリエイトとの比較

アフィリエイトではブログで商品を紹介し、

お客さんに買ってもらうことによって

アフィリエイト報酬を得ることができます。

 

一方、youtubeアドセンスでは投稿した動画を

観てもらうことによって報酬が発生します。

 

これがアフィリエイトとの大きな違いで、

初心者が継続していけるポイントです。

 

アフィリエイトの初心者が商品が売れるまでに

数週間あるいは数ヵ月かかってしまう....

 

それまで無報酬で継続していくことは困難であり

大抵、自分には才能がないと判断し辞めてしまいます。

 

そのようなケースは珍しいことではありません。

 

しかしyoutubeアドセンスの場合では、

始めたばかりの段階であっても、

投稿した動画の再生回数に応じて報酬が発生します。

 

発生した報酬金額はyoutubeにログイン後、

クリエイターツールと呼ばれる管理画面で

おおよその金額を確認することができます。

 

例え金額が少額であっても初期の段階で報酬が発生する

という点はネットビジネスにおいて魅力的な部分であり

モチベーションの低下を防ぐことができるということが、

初心者が向いている理由の一つであると言えます。

 

集客という視点においても初心者が向いている理由

さきほど、数万~10万くらいの再生回数の動画を

量産していくことが確実に収益をもたらす結果となる

という記述をしましたが、それには理由があります。

 

ブログ記事などではYahooやGoogle等の

検索エンジンからの集客のみですが、

YouTubeの場合は、

①YahooやGoogle等の検索エンジンからの集客

②YouTubeの検索からの集客

③YouTubeの関連動画からの集客

このように3か所からの集客が可能です。

 

では、順を追って説明していきます。

①YahooやGoogle等の検索エンジンからの集客

先ほど紹介したガムボールの動画を使って説明しますね。

 

検索エンジンでガムボールと入力すると


このようにYahooやGoogle等の検索エンジンからの集客ができます。

②YouTubeの検索からの集客

2つめは、youtube内の検索エンジンによって集客が可能という点です。

 


③YouTubeの関連動画からの集客

3つめは関連動画からの集客が可能という点です。


動画を再生すると、右側に表示される関連動画からの再生も

意外と多く、視聴者が求めているものを与えられるという視点でも

非常に大きな役割を果たしていると言えます。

 

このように3つの入り口からの集客が可能という点においても

初心者がYouTubeアドセンスに向いている理由の一つと言えます。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐメリットについて

 

以上のように、YouTubeアドセンスが

初心者に向いている理由を説明してきましたが、

YouTubeアドセンスで稼ぐメリット

について説明していきます。

 

メリット
①需要>供給の図式が成り立つこと
②収益が発生すること
③趣味の延長で動画を作成することができること
④初期投資がほとんどいらない

などが挙げられます。

 

それでは1つ1つ説明していきます。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐメリット
①需要>供給の図式が成り立つこと

YouTubeアドセンスで稼ぐことに対して

「すでに先行者がいて、もう遅いのでは...」

とあなたはお思いになるかもしれませんが、

今後数年~数十年という単位で考えれば

始めるのに遅いということは決してありません。


なぜならYouTube利用者で、


動画投稿者の割合はおよそ10%と言われています。

 


残りの90%の人達は視聴専門ということが言えますので、

圧倒的にライバルが少ない状況です。

 

今後、もしかしたらこの割合が変化していき、投稿者20%:視聴者80%

あるいは、投稿者30%:視聴者70%へと変わっていくかもしれません。

 

なので動画投稿者の割合が少ない今のうちに投稿動画を量産していき、

チャンネルを強化していくことで先行者利益の恩恵を授かることができます。

 

YouTubeアドセンスで稼ぐメリット
②収益が発生すること


再生回数に応じた報酬が発生すること


これが1番のメリットだと思います。

 

メインの仕事とは別に副業で稼ぐ為に

YouTubeを選択した、あるいは検討している方って

結構な数でいらっしゃると思います。

 

例えば家庭を持つサラリーマンの方って

自分が使えるお金が制限されますよね?

 

お子さんがいらっしゃる場合が顕著な例で

ほとんどの方が月のお小遣いが月2~3万であり、

僕の場合もサラリーマン時代のお小遣いは3万円でした(笑)

 

なので、今自由に使えるお金が少ないという状況でしたら

最初は月に1~2万円程度の報酬であっても

自由に使えるお金が増えるということは重要なことです。

 

報酬で得たお金で奥さんや子供のために

使ってもいいと思いますし、

さんに内緒でキャ〇クラに行ったり、

趣味に使ってもいいと思います。

 

あるいはその資金を元手に自己投資してもいいと思います。

 

いずれにせよ、大事なことは

YouTubeで得た報酬でモチベーションを上げ

YouTubeアドセンスというビジネスを

続けていく環境を作り出すことによって

結果として報酬がついてくるということです。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐメリット
③趣味の延長で動画を作成することができること

あなたの趣味はなんですか?

釣り、ゲーム、カラオケ、スポーツなど。

 

YouTubeアドセンスで稼ぐということは

自分の趣味に合った動画を作成し

投稿することができるというメリットがあります。

 

例えば、ゲーム好きな人がゲームの実況の動画を投稿したり、

カラオケ好きな人が「〇〇をうたってみた」とか、

ギターが趣味な人が「〇〇を弾いてみた」の動画を投稿することで

同じ趣味を持った視聴者から観てもらえる可能性が高くなります。

 

何より、趣味の延長なので動画を作ることも苦になりませんからね。

 

しかし、ここで注意しておかなければならない事があります。

 

それは、著作権に関することです。

 

うたってみた、弾いてみた、の動画をネットにアップすることは

著作権者の承諾を得てない限り著作権の侵害に該当します。

 

ほとんどの楽曲をJASRACが管理していますので、著作権者=JASRAC

という図式が成り立ち、原則としてJASRACの許諾を得ることが必要です。

 

しかし、YouTubeは楽曲の使用に関してJASRACと包括契約を締結しています。

 

なのでJASRACが管理する楽曲に関しては、

「うたってみた」、「弾いてみた」の動画を

YouTubeにアップしても、著作権の侵害には該当しません。

 

しかし、既存のCDをかけながら歌ったり、弾いたりした場合には

CD製作者の権利を侵害してしまいますし、カラオケで歌う場合も

カラオケの音源をただ流したり、映像を使うのは違法となります。

 

要するに自分(あるは友人)が演奏した音源を流し、

それをバックミュージックとしてうたったり、

演奏するのは可能ということです。

 

あくまでもカバー曲として使用するという形になりますね。

 

ということで曲の使用に関する疑問は解決しましたが

問題はカバー曲で収益化できるかどうかということです。

 

つまり、うたってみた、弾いてみたの動画をアップして

お金を稼ぐことができるかという点が問題となります。

 

この点、YouTubeの見解によりますと

対象となるカバー動画から収益を受け取る


YouTubeパートナープログラムに

参加しているクリエイターは、収益受け取りの

資格があるカバー曲の動画が著作権を持つ音楽配信者

によって申し立てられた場合、そのカバー曲の動画からの

収益を分配することができます。

これらの動画の収益は比例計算で支払われます。

 

カバー曲の動画が収益受け取りの対象か
どうかを確認する方法

[収益受け取り] タブで動画の横に次のメッセージが

表示されていると、カバー曲の動画からの収益を

分配することができます。

「動画の収益を受け取ります。これは第三者が作曲した曲を

私がカバーしたものです。詳細」

このメッセージは、演奏された楽曲の著作権を所有する

音楽配信者が、Content ID システムを通じて

動画を申し立てた場合に表示されます。

新しいアップロードも

過去のアップロードも対象となります

過去にアップロードしたカバー曲の動画が

収益受け取りの対象となるかどうかは

YouTube の [動画の管理] でも確認できます。

引用元:YouTubeヘルプ 収益化について 対象となるカバー動画から収益を受け取る

つまり、著作権を有する音楽配信者から

収益分配の申し立てがあった場合に

音楽配信者と動画をアップした者(あなた)

で収益を分け合うという形をとることになります。

 

収益の分配に応じなかった場合は、

著作権の侵害になり動画を削除されたり、

最悪の場合はチャンネルを削除される

といったリスクも想定されますので注意が必要です。



YouTubeアドセンスで稼ぐメリット
④初期投資がほとんどいらない

スマホで撮影し、Windowsの無料ソフトのムービーメーカーで

動画編集を行うのであれば初期投資はほとんどかかりません。

 

初期投資が掛からず、月額使用料などのコストもかからないので

手軽に始めることができるという点もメリットに挙げられます。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐデメリットについて

 

それではYouTubeアドセンスで稼ぐデメリットとは何でしょうか?

デメリット
①初期の段階では収入が安定しない
②慣れないと動画の編集に時間が掛かってしまう
③YouTubeの規約が厳しいこと
④YouTubeの規約・ルール変更に注意しなければならないこと

などが挙げられます

 

こちらもメリット同様、一つずつ解説していきます。

 

YouTubeアドセンスで稼ぐデメリット
①初期の段階では収入が安定しない

YouTubeアドセンスを始めた初期の段階では収入が安定しません。

 

動画の投稿数がまだ少ない段階では

関連動画で表示されることも少なく

再生回数も思うように伸びません。

 

ある程度、まとまった数の動画を投稿し

チャンネルが強化されるまでの間は

安定した収入を得ることが難しいという

点がデメリットとして挙げられます。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐデメリット
②動画の編集に時間が掛かること

動画編集の経験があれば特に問題となることではありませんが、

動画編集ソフトを使用した経験が無いようでしたら

ソフトの使いかたをマスターし使いこなせるようになるまで

時間が掛かってしまうかもしれません。

 

慣れるようになればある程度の時間は短縮できますが

それでも編集には一定の時間が掛かってしまいます。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐデメリット
③YouTubeの規約が厳しいこと

動画を投稿する際に気を付けなければならない点は

YouTubeのガイドラインに違反しないように注意することです。

 

具体的には、

・暴力的で生々しいコンテンツ
・不快なコンテンツ
・著作権の侵害
・有害で危険なコンテンツ
・ポルノや性的なコンテンツ


以上の内容に反するコンテンツを含む動画投稿者に対して、

動画の削除やアカウントの停止、またはチャンネルの停止、

最悪の場合はアカウントの削除などのペナルティを受ける恐れ

がありますので細心の注意が必要です。

 

しかし、いくら細心の注意を払っていたとしても

YouTube側とあなたとの間で認識のズレがあった場合に

ペナルティを受けるリスクが高くなることを

理解しておかなければなりません。

 

例えば、ポルノや性的なコンテンツに対して

仮にあなたが、ポルノ=ヌードだと考え、

下着姿の女性あるいは水着姿の女性の動画

なら大丈夫だろうと判断し、投稿したとします。

 

しかしYouTube側でそれが性的なコンテンツだと判断されれば

いつでも事前の通知なく、かつ単独の裁量により、

本サービス条件に違反する当該本コンテンツを削除することができ、

また、及び/又は当該マテリアルを投稿するための

本ユーザーのアカウントを終了することができます。

引用元:YouTube 利用規約 7. アカウントの終了に関する方針

つまり、YouTube側の判断でいつでも通知なく

動画の削除やアカウントの終了などのペナルティを

与えられますよということを意味します。

 

動画の削除程度ならまだしも、アカウントの終了のような

それ以降の収益が無効となってしまうようなシャレにならない

事は何としても避けなければなりませんからね。

 

 

YouTubeアドセンスで稼ぐデメリット
④YouTubeの規約・ルール変更に注意が必要

例えば、YouTubeの規約に反するNGワードをタイトルに入れた場合、

広告が表示されない=収益化されないという恐れがあります。

 

数年前に規制されたイスラム国などが例として挙げられ、

コンテンツの内容がガイドラインに違反していなくても

このようなタイトルを入れた場合には

収益化が無効になるリスクが発生します。

 

以上、デメリットとして挙げましたが、

YouTubeの規約に関して言えば動画の作成、投稿時に

ガイドラインに違反あるいは抵触するようなコンテンツ、

タイトルを避けるよう注意すればペナルティを受けるリスクは

軽減されますのであまり過敏になる必要はありません。

 

 

YouTubeで稼げるジャンルとは?

 

・ペット系
王道のジャンルと言われており、
言葉の壁が存在しないため海外からのアクセスも狙いやすい。
動画自体も編集があまり要らないため、
初心者でも稼ぎやすいジャンルです。

 

・ノウハウ系
やり方などを検索する場合、ブログ等の文字で説明を受けるよりも
動画で見たほうがわかりやすいケースもありますので需要はあります。
楽器の演奏などでは実際の弾き方、音の強弱の付け方など
言葉では説明しにくい部分もありますので、教えるのが得意な方や
顔出ししてもOKな方などは向いているのではないでしょうか?

 

・商品レビュー
顔出しせず稼ぐこともできるジャンルです。
商品に関する知識や説明スキルが必要ですが、下記動画のように
子供に商品を使わせてその楽しさを伝えるやり方もあります。


 



 
・ゲーム実況系
幅広い世代に対して人気があるのがゲームの実況です。

人気があるジャンルですので、やはり競争も激しいです。
ゲームのテクは必須ですが、実況のやり方やキャラクター作り
などの点で他との差別化が必要なのではないでしょうか?
ゲーム(制作会社)によってゲーム実況を容認している会社と
禁止している会社がありますので著作権の問題に注意してください。



・教育系
英語や勉強を教えているチャンネルや資格試験のチャンネル
などもあります。講師あるいは教師の経験がある方や
教えるのが得意な方などは向いているジャンルです。
こちらのジャンルは再生回数を稼ぐよりも
ブログや
外部リンク等に誘導して商品を販売する方法もあります。


 

・美容系 女性の方に人気のチャンネルです。
メーク等の知識が豊富でなおかつキレイに撮影できる技術
が必要で、顔出しに抵抗がなければオススメのジャンルです。
しかし競争が激しく、他との差別化が必要です。


 

・料理系 ノウハウ系同様、文字での説明よりも
動画で解説したほうが解りやすく人気のジャンルです。
こちらも競争が激しくキャラ弁特化チャンネルや、
激安食材特化チャンネルなど他との差別化が必要です。


 

以上、人気の7ジャンルを紹介しました。

 

ジャンルの選定も、もちろん重要ですが、

国内4000万人を対象とした動画作りよりも

海外10億人の視聴者に向けた動画、チャンネル

作りを視野に入れ、今後の戦略を展開すべきです。

 

需要の面でもそうですし、国内でウケない動画でも

海外ではウケるというケースもありますので

一度検討してみるのも良いかと思います。

 

 海外向け動画の作成方法はこちらから   

 

「英語なんて話せないし、海外向け動画なんてムリ!」

あなたは、そう思われるかもしれませんが、

英語が話せなくても海外向けの動画を作る方法はあります。

 

 海外向け動画の作成方法はこちらから 

 

 

初心者がYouTubeで稼ぐ為のコツとは?

 

初心者がYouTubeで稼ぐ為のコツとは、
・すぐに結果を求めないこと

・決まった日時に投稿

・良質なコンテンツの動画を提供すること 

・方向性(ジャンル)の統一

・アノテーション、タイトル、説明欄の活用

 などが挙げられます。

 

では、一つ一つ解説していきます。

 

・すぐに結果を求めないこと

動画を5個から10個ほど作った時点で再生回数が伸びない

とかチャンネル登録者が増えないと嘆く声をよく聞きます。

 

当然の事ですが、再生回数なんて最初はそうそう伸びません。

 

最低でも50個以上、出来れば100個以上の動画を

作成してきた位からチャンネル自体が強化がされ

チャンネル登録者、再生回数ともに伸びていきます。

 

初期の段階で結果が出ないからと言って諦めずに

ある程度の期間は我慢してひたすら

動画を量産していくくらいの辛抱強さが必要です。

 

・決まった日時に投稿

「毎日〇〇時更新します!」等のアピールを

説明欄に入れることであなたのファンである

チャンネル登録者は更新を楽しみにしてくれるます。

 

毎日更新がムリであれば、毎週〇曜日〇〇時更新!

という風に決まった日時に更新することが大事です。

 

・良質なコンテンツの動画を提供すること 

良質なコンテンツの動画を提供することが最も重要なことです。

 

わかりやすく、飲食店に例えて説明しますね。

 

初めて入るお店で注文した料理が美味しかったら

また来たいって思いますよね?

 

他の料理もおいしそうだな、もう一品注文しようかな

そのような気持ちになるのは当然ですよね?

 

お店に来たお客さん(=視聴者)に

おいしい料理(=良質なコンテンツの動画)を

提供することが料理人であるあなたの使命です。

 

もしもあなたのお店(=チャンネル)の

メニュー(=タイトルやサムネイル)はおいしそうに見えても

実際食べたら(視聴してみたら)まずかった(=つまらなかった)

では、二度とあなたのお店(=チャンネル)に来てくれません。

 

おいしそうなメニューと料理を用意して

お客さんに満足してもらう料理を提供することが

売上(再生回数)を伸ばすのに最善の方法ということです。

 

・方向性(ジャンル)の統一

さきほどの飲食店の例で説明するのであれば、

あなたが「とんかつが食べたい!」

って思ったらとんかつ専門店に行きますよね?

 

とんかつも中華も和食もなんでも食べられるお店と

とんかつ専門店が2店並んでいたとしたら、

ほとんどの人がとんかつ専門店に行くと思います。

 

つまり、エンタメ系、ペット系、音楽系などと、

いろんなジャンルの動画を取りそろえるよりも

何か1つのジャンルに特化したチャンネルを作っていく方が

再生回数は伸び、チャンネル自体も強化されます。

 

 

・アノテーション、タイトル、説明欄の活用

アノテーションとは、動画上に

クリック可能なテキストやリンクを貼ることです。

 

動画の最後にチャンネル登録を促すリンクを貼ったり、

タイトル、説明欄を上手く活用することによって

あなたのチャンネルのオリジナリティを出すことができます。

 

 

チャンネルを強化していくためにも

このような工夫が必要になります。  

 

 

YouTubeで稼ぐ為にチャンネル登録者を増やそう

 

チャンネル登録者を増やすメリットとしては、

①動画をアップするとチャンネル登録者に通知が行く

②検索で上位表示が可能

③関連動画をみてくれる

などが挙げられます。

 

①動画をアップするとチャンネル登録者に通知が行く

チャンネル登録者は、

メルマガでいうところのリストにあたります。

  

あなたが動画をアップすると、チャンネル登録者にメールで

通知が行きますので、動画を視聴してもらう機会が増えます。

 

そうすると自然に再生回数を増やすことが出来ます。

 

②検索で上位表示が可能

チャンネル登録者=あなたのファンという図式が成り立ちます。

 

以前は再生回数の多い動画が上位表示されていたが、

現在では総再生時間の多い動画が上位表示されます。

 

つまり、チャンネル登録者を増やし、

動画を最後まで見てもらうことによって

総再生時間が伸びていき、上位表示が可能となります。

 

結果としてあなたの動画の再生回数も伸びていくわけです。

 

③関連動画をみてくれる

チャンネル登録者は、あなたのチャンネルに興味を持ち

あなたが過去にアップした動画等の関連動画を

観てくれるようになります。

 

過去の動画の再生回数のみならず、

チャンネル自体の強化につながることは言うまでもありません。

     

 

YouTubeで再生回数を稼ぐには

 

今回、YouTubeで稼ぐという視点で

長々と書き記して参りましたが、大事なことは

①良質なコンテンツの動画を作成していくこと

②需要の多い海外を視野に入れた動画作りを目指すこと

③ジャンルを統一し、タイトル、説明欄を上手く活用すること

④チャンネル登録者を増やし、再生回数を伸ばしていくこと

 

このようなことを意識しながら動画を量産していき、

YouTubeで稼いでいく手段として参考にしていただければ幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ご質問等ございましたらお問合せ

フォームにてご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

 

以上、てつでした。

おすすめの記事